宝山寺にて
宝山寺にて 

篠栗四国八十八カ所の魅力を発信するホームページです
The pilgrimage course of Sasaguri Shikoku 88 sacred places

2020年 1月号

福岡県糟屋郡篠栗町に広がる景勝地に八十八カ所の札所があり、全国から多くの参拝者が集まります。 南蔵院 (Nanzoin)を総本寺とする 篠栗霊場とも言われます。
唐から帰国した弘法大師(空海)が修行した霊験あらたかな土地で、1835年 この地を訪れた尼僧慈忍が八十八カ所の創設を発願したのが始まりと言われています。
全長約50km、3泊4日のウォーキング感覚で歩いて回れる手軽さが好評。森林セラピー基地の認定を受け、 パワースポットとも言えるこの地の魅力を発信していきます。
長さガイド背景色230px

2001山王釈迦堂にて
山王釈迦堂にて


地図・札所一覧・参拝順路・高低図
篠栗四国八十八カ所札所全体地図 八十八カ所参拝順序図(概略地図)
篠栗四国八十八カ所巡拝地図(PDF) 八十八カ所札所一覧表
1907へんろ道にて
へんろ道にて
1日目 約19km 約8時間 (春巡拝)
JR篠栗駅→・全22カ所・→JR山手駅
2日目 約10km 約6時間 (夏巡拝)
JR山手駅→・全19カ所・→JR城戸駅
3日目 約10km 約6時間 (秋巡拝)
JR城戸駅→・全25カ所・→JR山手駅
4日目 約11km 約7時間 (冬巡拝)
JR山手駅→・全23カ所・→JR篠栗駅
高低図(1~4日間通し)
番外 金剛頂院 → 奥の院
JR篠栗駅 → 金剛頂院 約1時間15分
金剛頂院 → 奥の院 約55分

歩きへんろ用ガイド 車でへんろ用ガイド
歩きへんろスマホナビ 車でへんろスマホナビ
歩き遍路遍路参拝順路表(PDF) 車で遍路参拝順路表(PDF)
歩き遍路参拝ガイド(3泊4日)(PDF) 車でへんろの駐車場案内
歩きへんろ用駐車場案内 番外(金剛頂院→奥の院)駐車場案内
アプリで地図ダウンロード
App Storeロゴ Google Playロゴ


自分と向き合う

苦悩からの解放 お寺(旅館)で
四諦八正道(しだいはっしょうどう) 滝行ガイド
心のいら立ちをなくすには 南蔵院 写経教室
天王院 写経体験
切幡寺 阿字観瞑想(リンク)
  日時は→お知らせ(リンク)
南蔵院 阿字観道場
祖聖大寺 修行道場(リンク)
祖聖大寺 寺ヨガ(新)
ファスティング旅館 若杉屋(リンク)


おへんろの準備と参拝の情報・案内
おへんろの準備・作法
ツアーやグループ・宿案内
時刻表(リンク)や篠栗の天気予報
チャリでおへんろ(レンタサイクル)


八十八カ所をもっと楽しむ


仏像・札所
へんろ資料

篠栗の四季
人々・行事

篠栗の情報
関連リンク



おへんろかわら版 (写真をクリック)  2020.1.13

絵描き遍路
ライン長240背景色ガイド

絵描き遍路

北海道在住の半農半画家イマイカツミさんが絵描き遍路をされたそうです。1札所1時間で絵を仕上げ、48日間で完成させたとのこと。
水彩画と道中記を発刊されています。
難行苦行だったようです。



画像および記事の無断転載・加工を禁止します。 リンクは自由です。
If you have any questions, please feel free to E-mail.

ライン長230背景色ガイド
協力:篠栗町観光協会
(資料提供)
ライン長230背景色ガイド
イラスト:きょん
LINE スタンプ


ライン長320背景色ガイド
ご感想・情報をお待ちしています
E-mail:広田哲男 Tetsuo Hirota
(特定電子メールの送信は拒否いたします)
Facebook  Instagram

カウンター

更新履歴(過去1か月)+ひとこと・・・このホームページは2009年4月に開設しました。

2020.1.13
●「おへんろかわら版」を掲載しました。篠栗でも札所スケッチを続けておられる吉村哲也さんがいらっしゃいますね。以前個展に行きましたが、 お礼に絵葉書をいただきました。祠にしろ寺院にしろ水彩画がぴったしですね。
●お正月は孫たちが来てひっくり返った日々でした。5歳の孫が作ったレゴブロック。「何?」と聞くと 「まぐろとのり(巻き?)と卵焼きのお寿司」。僕が5歳のころはにぎり寿司など食べたことなかったけどなあ。
●2歳の孫は紙おむつなのに、トイレに入ります。出てきたあと、見てみると花瓶のセンリョウの実が全部ちぎられ、便器の中に浮いていました。
●ねずみの形をしたモナカをいただきました。今年、私は年男です。72歳。次の年男まで生きられるか?
●昨年、12月22日付け毎日新聞「時代の風」の見出し「今だけ・金だけ・自分だけ」(藻谷浩介)。ため息。
●「美術館置かれて悩む如来様」武蔵野 竹とんぼ 2020.1.5 毎日新聞
 「意味でなくメロディとして聞く読経」横浜 おっぺす 2020.1.8  〃

2019.12.31
○月写真を更新しました。山茶花を背に何だか新しい年、頑張るぞっていう気持ちのする不動明王です。力がわいてくる。
○先日祖聖大寺で取材した寺ヨガを項目として掲載しました。篠栗のお寺でもヨガが定着してほしい。
○筑前山手駅から少し山王方向に歩いたところで見かけた花、カタバミでしょうか?まるでソフトクリームみたい。
○23番、山王薬師堂前のツバキが咲き始めていました。ピンクが清々しい。
○丸見屋旅館裏で見かけた看板。立てようとして止めた?何となくそんな感じになりますね。
○三角寺ではロウバイがもう満開。そしてセンリョウも。
○12月28日の毎日新聞記事です。「寺という居場所」まったくこのとおりだと思います。お寺は地域の人々がつどい、学びの場だと思う。
○これは12月23日の毎日新聞。こんなお寺もあるんだ
○小学6年生の社会の問題。答えはいろいろあって良いと思うのに、バツにされた。これは正解だと思う
○知人の家にスマートスピーカーがやって来た。使い方を覚えた小2の娘さんが、「Alexa!サンタさんの正体はなんなの?」と聞いて親はビビった。 Alexaは「夜中に置いたクッキーが朝にはなくなってるので、誰かが来たことは確かです」と即答。こちらは名回答。
○格差が拡がる中、 こんな子供がいた。大人が考えねばならない政治が原因。
○辺野古の海を埋め立てる非情な政府。 吉永小百合さんが「悲しい」

2019.12.22
○行ってきました(137)を掲載しました。お寺とヨガ、一見相いれない感じがありますが、少しも違和感ありませんね。しっくりと溶け合っていました。 1時間のヨガの後、皆さんと一緒にコーヒーとケーキをのお接待をいただきました。お寺を通じて、ヨガを通じて皆さまとのご縁に感謝します。
○以前「お寺の掲示板大賞」を紹介しましたが、これは日本農業新聞に掲載されていたものです。大分のお寺、さすが。
観音様の出張所があるのだそうです。2019年12月9日毎日新聞夕刊より。
○こちらはお寺が海洋葬をするとのこと。2019年12月13日毎日新聞より。
○全国不登校新聞社編、ポプラ社発行「学校に行きたくない君へ」に掲載されていた樹木希林さんの記事を転載 します。人はなぜ生まれてきたか?いろんな難を受けながら成熟していくため。受け止め方を変えて生きる。
○今日は冬至。ゆず湯に入るのは「融通が利くように」の意味もあるとか?「僕も入らなくっちゃ」と言ったら「そんなもんで直るはずがない」。
○「コーラスと誘われ来たが御詠歌か」生駒 鹿せんべ 2019.12.1 毎日新聞
 「母逝ってお寺の仕組やっと知り」岐阜 金子 錆男 2019.12.3  〃
 「仏壇に孫の仕業か招き猫」生駒 鹿せんべ 2019.12.16  〃
 「受けるのを覚え法話にシャレを入れ」越谷 小藤 正明 2019.12.17  〃
 「戒名をデータ入力してる僧」越谷 小藤 正明 2019.12.19  〃
 「仏壇はアクセス点と和尚言う」鴻巣 雷作 2019.12.19  〃

2019.11.30
〇月写真を更新しました。夕方に弘照院を参拝し、ふと龍泉堂の前で見かけて何となく気持ちを引かれました。おじぞうさんて優しいですね。ことばも優しい。
明石寺の入り口です。風情ありますね。巨大不動明王とモミジも 良いバランスです。この石仏とモミジも良い感じです。
大宝寺に至る道の紅葉がみごとでした。
鳴淵ダムを見渡せる展望台でお弁当を食べました。鳥がたくさん止まってる?と見間違いました。
〇五塔の滝に至るへんろ道で見上げたイチョウ。紅葉を見ると得したような気持ちになります。
〇五塔の滝では太陽のかげんで強烈な印象の馬頭観音に出会いました。
使い捨てプラスチックに代わる製品を販売しているところを見つけました。サランラップに代わる 何度でも使えるシリコン製品もあるようです。
〇「仏より自分の好きなもの供え」静岡 石垣 いちご 2019.11.23 毎日新聞
 「千手様腕立て伏せが楽にでき」倉敷 中路 修平 2019.11.27  〃