宝山寺にて
宝山寺にて 

篠栗四国八十八カ所の魅力を発信するホームページです
The pilgrimage course of Sasaguri Shikoku 88 sacred places

2019年 7月号

福岡県糟屋郡篠栗町に広がる景勝地に八十八カ所の札所があり、全国から多くの参拝者が集まります。 南蔵院 (Nanzoin)を総本寺とする 篠栗霊場とも言われます。
唐から帰国した弘法大師(空海)が修行した霊験あらたかな土地で、1835年 この地を訪れた尼僧慈忍が八十八カ所の創設を発願したのが始まりと言われています。
全長約50km、3泊4日のウォーキング感覚で歩いて回れる手軽さが好評。森林セラピー基地の認定を受け、 パワースポットとも言えるこの地の魅力を発信していきます。
長さガイド背景色230px

1907桐ノ木谷薬師堂にて
桐ノ木谷薬師堂にて

地図・札所一覧・参拝順路・高低図
篠栗四国八十八カ所札所全体地図 八十八カ所参拝順序図(概略地図)
篠栗四国八十八カ所巡拝地図(PDF) 八十八カ所札所一覧表
1907へんろ道にて
へんろ道にて
1日目 約19km 約8時間 (春巡拝)
JR篠栗駅→・全22カ所・→JR山手駅
2日目 約10km 約6時間 (夏巡拝)
JR山手駅→・全19カ所・→JR城戸駅
3日目 約10km 約6時間 (秋巡拝)
JR城戸駅→・全25カ所・→JR山手駅
4日目 約11km 約7時間 (冬巡拝)
JR山手駅→・全23カ所・→JR篠栗駅
高低図(1~4日間通し)
番外 金剛頂院 → 奥の院
JR篠栗駅 → 金剛頂院 約1時間15分
金剛頂院 → 奥の院 約55分

歩きへんろ用ガイド 車でへんろ用ガイド
歩きへんろスマホナビ 車でへんろスマホナビ
歩き遍路遍路参拝順路表(PDF) 車で遍路参拝順路表(PDF)
歩き遍路参拝ガイド(3泊4日)(PDF) 車でへんろの駐車場案内
歩きへんろ用駐車場案内 番外(金剛頂院→奥の院)駐車場案内
アプリで地図ダウンロード
App Storeロゴ Google Playロゴ


自分と向き合う

苦悩からの解放 お寺(旅館)で
四諦八正道(しだいはっしょうどう) 滝行ガイド
南蔵院 写経教室
天王院 写経体験
切幡寺 阿字観瞑想(リンク)
  日時は→お知らせ(リンク)
南蔵院 阿字観道場
祖聖大寺 修行道場(リンク)
ファスティング旅館 若杉屋(リンク)


おへんろの準備と参拝の情報・案内
おへんろの準備・作法
ツアーやグループ・宿案内
時刻表(リンク)や篠栗の天気予報
チャリでおへんろ(レンタサイクル)


八十八カ所をもっと楽しむ


仏像・札所
へんろ資料

篠栗の四季
人々・行事

篠栗の情報
関連リンク


画像および記事の無断転載・加工を禁止します。 リンクは自由です。
If you have any questions, please feel free to E-mail.

ライン長230背景色ガイド
協力:篠栗町観光協会
(資料提供)
ライン長230背景色ガイド
イラスト:きょん
LINE スタンプ


ライン長320背景色ガイド
ご感想・情報をお待ちしています
E-mail:広田哲男 Tetsuo Hirota
(特定電子メールの送信は拒否いたします)
Facebook  Instagram

カウンター

更新履歴(過去1か月)+ひとこと・・・このホームページは2009年4月に開設しました。

2019.7.14
●「お寺(旅館)で自分と向き合う」の表題を「自分と向き合う」に変えました。「苦悩からの解放」という小見出しを付け、 四諦八正道についての簡単な説明をここに持ってきました。今後関連する内容を追加していきます。歳を重ねるとこういった事を考えますね。 悩んでおられる方も多いのでは? 参考になればいいと思います。
●ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりました。オーディションでどのような人を選んでいたかを 紹介した記事がありました。表裏のない人間、相手を思いやることができる人間かどうかを見極めていたのですね。
●毎日新聞日曜版に掲載されている海原純子さんの「新・心のサプリ」を楽しみに読んでいます。 7月14日掲載分のヒーローに感動しました。
●流行語にもなりそうな三原じゅん子の「恥を知りなさい」。でも内容は間違いだらけ
●娘からメールがあり、「カフェインレスのコーヒーなら利尿作用が少ない? 仕事中トイレに行きたくないのでデカフェにしたい。」 「トイレくらい仕事中に堂々と行きなさい。」「自由に行けるけどトイレが遠いので行きたくない。」親に似てめんどくさがり屋です。
●知らない人から公明党への投票を依頼する電話がかかってきます(3人からかかってきた)。私の卒業した高校(高知)の後輩で福岡在住とのこと。 卒業生名簿を見て同じ選挙区の人に電話しているのだそう。創価学会の組織力は異常なほどですね。話していると「南無妙法蓮華経」とお題目を 称えると心がすっとして幸せになると言います。一方「南無阿弥陀仏」は死後の幸福のための念仏だと言い、とてもさげすんだ見方をしています。 私は法華経の教えと公明党のやっていることとは相容れないと考えていて電話で話し合います。おやっと感じてくれる方もいました。
●トイレの網戸にショウジョウバエでしょうか、何匹か止まっていることがあり、とてもうっとうしい。ハッカ油が良いとか何かで見たので、 アルコールで薄め、スプレーしてみましたが、ショウジョウバエはへいきのへいざ。こっちが臭いに気持ち悪くなりはきそうになって1日中 気分がすぐれませんでした。人間に効果あり。すごく高い油で注文して取り寄せないと売ってない。
●「戒名と違い柳名カネ要らず」倉敷 中路修平 2019.7.2 毎日新聞
 「瞑想はすぐ妄想になっちまう」2019.7.4 取手 崩 彦 2019.7.4 〃
 「録音に代えてくつろぐ和尚様」久喜 宮本佳則 2019.7.6 〃

2019.6.30
○月の写真を更新しました。22番札所、霧ノ木谷薬師堂前に来た時、アジサイが見事でした。山の上のあたりではまさに今アジサイが 見ごろです。ピンク色のもの、青紫のものと、 やはり雨の中で花開くのが似合ってます。81番、二瀬川観音堂の山手も見事です。
○56番札所から53番札所に至るへんろ道にある摩崖仏は雨の日にはくっきりと見えますね。前にこんなに石仏がたくさんあったかな? 中央のはくっきりとしています。向かって左側、 そして向かって右側、他、下の方にもう一体ありますね。
○お寺の「終活プロジェクト」というのがあるそうです(毎日新聞より)。 お寺は法事のためだけにあるのではない、学び、心を癒やし、楽しむ場なのだ……私もそう思っています。
○高齢者のブレーキペダルとアクセルペダル踏み間違いによる悲惨な交通事故が多いですね。私も高齢者なので、ハラハラします。 踏み間違える一つの要因が自動車制御の簡単さにあるという意見があり(毎日新聞より)、 私もそう思っています。オートマチック車は左足が不要で右足だけで車を操作できるため、ブレーキペダルの位置感覚や存在があいまいに なっていることも一要因でしょう。私は常に左足をクラッチペダルがあると仮定して時々仮想踏み込みしながら運転しています。
小出裕章さんの講演を聞いてきました。二度目ですが、今回はオリンピックのことについても触れられ、 非常に強いことばで語っておられました。原子力緊急事態宣言 は出されたままになっています(首相官邸のホームページにありますが、見えないようになっている)。 原子力マフィアという表現、オリンピックに浮かれている場合ではないと厳しく指摘されました。 私も今の日本はオリンピックどころではないと思っています。
今回、初めて首相官邸のホームページを見ました。個人崇拝で気持ち悪い、カルト。

2019.6.29
○「笑顔に会ったよ(88)」を掲載しました。久しぶりの掲載です。奥様は2年前に歩きへんろで回られた時、駐車場がどこにあるのかよくわからず、 中央部に位置する札所を参拝する際、鳴淵ダムの駐車場に車を止めて歩いて回られたそうです。この方法は遠くてたいへんですね。
○おへんろさんの写真を更新しました。蒸し暑い中、袈裟をきちんとまとってごくろうさまです。
○JR南蔵院前駅付近にあったお土産物や参拝道具を扱っておられた「池田屋」さんが5月末に閉店されたようです。シャッターがしまった ままですし、駐車場も立入禁止になっていました。少しさみしいですね。参拝用道具が買えるお店のリストからは削除しました。
法話大会なるものがあるそうです。落語みたい。近くで開催されるなら行きたい。
○JR南蔵院前駅の南、山の斜面で工事が進んでいます。何ができるのか?と思いきや、 納骨堂のようですね。涅槃像が良く見える場所です。
○ホームベーカリーで「全粒粉パン」を作ってみたところ、イースト菌が古かったのか、全く膨らまず! 逆に凹んでしまった。しかし味はなかなか良かった。
○6月23日、沖縄慰霊の日、糸満市立兼城小学校6年山内玲奈さんが朗読した詩、 「本当の幸せ」に感動しました
○「閻魔から舌を抜かれたグルメリポ」高知 小島雅博 2019.6.24 毎日新聞

2019.6.22
○おへんろかわら版を更新しました。篠栗駅でも駅員さん達が作務衣でお客さん達を迎えないかなあ。
○釈迦の教え「四諦八正道」(しだいはっしょうどう)を「仏像・札所・へんろ資料」のページに新設しました。 釈迦の教えの基本と言えるものでしょう。苦悩の多い現在、生きる指針になると思い掲載しました。
○私の住んでいる筑豊には古墳がたくさんあります。近くの沖出古墳では、夏至の時には龍王山に日が沈み、冬至には三郡山に沈むと聞きました。 実際に夏至の日に確かめてみました。確かに龍王山山頂付近に沈みました。沈む少し前は 太陽がすごくきれいで魅入ってしまいました。古代のロマンを感じる不思議なひと時でした。
○「主戦場」という映画を観ました。慰安婦について多くの人の証言・主張で構成された映画です。 硬い内容の映画なのに、KBCシネマ1はけっこういっぱいの人でした。ところが、この映画に 出演した3人が上映中止を求めて裁判に訴えたそうです。 政府の上映中止圧力もありそうなこの映画、早く観るのをお勧めします。誰が根拠なしで、あるいは根拠をろくに検証せずに 発言しているのか、また日本会議がどんなものか良くわかる。
ひきこもりと遍路という記事がありました。「ひきこもりからの脱却は、お遍路と似ている」という部分は 少し違和感を覚えます。
○「野次馬の中に遍路もいる四国」川越 麦そよぐ 2019.6.13 毎日新聞
 「蜘蛛助けチラリとお釈迦さまを見る」横須賀 お多福 2019.6.20  〃

2019.6.15
○おへんろかわら版を更新しました。四国電力のマンガは意外や意外。
○南国市在住の妹が地元新聞にこんな記事があったと送ってくれました。これに対する 回答も掲載されていました。新聞紙上に質問が掲載されたので回答も丁寧ですね。 私は物好きなのであちこちにいろいろ意見を出しますが回答が来るのはごくごくわずかです。 ほとんど無視されてしまいます。個人からの依頼など無視・ほっておけというウラオモテのある人間が多い。
○これはすごい企画です。特別展:京都 大報恩寺 「快慶・定慶のみほとけ」。九州国立博物館で明日まで、撮影OK。
○報道写真家石川文洋さんがとうとう歩いて日本縦断、ゴール。各地からの情報発信を西日本新聞と 雑誌「公評」で毎回楽しみに読んでいました。
○妻が紙芝居をしています。先日実家に帰り、母の特別養護老人ホームに行った時、施設内にある保育所で紙芝居を見せました。 子供たちのこの反応!ケーキが出てくる場面では みんなにケーキを配ります。 紙芝居が終わった後でも手をそのままの形にして大事そうに持っている子がいてほほえましい。
ごきげんのわるいコックさん」では コックさんがいなくなり、画面が真っ暗になる場面があります。 この時、子供たちがあっちへ走り、こっちへ走りコックさんを探し回っていました。子供の反応って面白い。
○「煩悩のない人生の味気無さ」久喜 宮本佳則 2019.6.8 毎日新聞