へんろ道にて へんろ道にて
無料カウンター

篠栗四国八十八カ所の魅力を発信するホームページです
The pilgrimage course of Sasaguri Shikoku 88 sacrid places

2017年4月号

福岡県糟屋郡篠栗町に広がる景勝地に八十八カ所の札所があり、全国から多くの参拝者が集まります。 南蔵院を総本寺とする 篠栗霊場とも言われます。
唐から帰国した弘法大師(空海)が修行した霊験あらたかな土地で、1835年 この地を訪れた尼僧慈忍が八十八カ所の創設を発願したのが始まりと言われています。
全長約50km、3泊4日のウォーキング感覚で歩いて回れる手軽さが好評。森林セラピー基地の認定を受け、 パワースポットとも言えるこの地の魅力を発信していきます。

1704中河内地蔵堂にて
中河内地蔵堂にて


篠栗四国八十八カ所の地図と参拝順路・スマホナビ

1702南蔵院にて
南蔵院にて
八十八カ所札所一覧表(各札所の詳細へジャンプできます)

八十八カ所参拝順序(歩きへんろの道順案内は以下の記録で)

  1日目 約19km 約8時間 (春に巡拝しました)
    JR篠栗駅→33番・・・全22カ所・・・11番→JR山手駅
  2日目 約10km 約6時間 (夏に巡拝しました)
    JR山手駅→25番・・・全19カ所・・・2番→JR城戸駅
  3日目 約10km 約6時間 (秋に巡拝しました)
    JR城戸駅→81番・・・全25カ所・・・64番→JR山手駅
  4日目 約11km 約7時間 (冬に巡拝しました)
    JR山手駅→奥の院・・・全23カ所・・・79番→JR篠栗駅
  番外 金剛頂院→奥の院
    JR篠栗駅→金剛頂院 約1時間15分 →奥の院 約55分

全体地図
  八十八カ所巡拝地図(PDF)
  篠栗八拾八ヵ所霊場 地図帳(Google Map)
 ※スマホでGoogle Mapをナビとして使えます
歩きへんろ用順路ガイド・スマホナビ
  歩き遍路遍路参拝順路表(PDF)
  歩き遍路参拝ガイド(3泊4日)(PDF)
  歩きへんろ用駐車場案内
車でへんろ用順路ガイド
  車で遍路参拝順路表(PDF)
  車で遍路の駐車場案内
  番外(金剛頂院→奥の院)駐車場案内

  スマホで篠栗霊場地図(リンク)
  アプリで地図ダウンロード
     
   札所と巡拝順路、自分の位置がわかります。
   (スマホナビになります)


お寺(旅館)で自分と向き合う

滝行ガイド
切幡寺 阿字観瞑想(リンク)
  (日時はお知らせ(リンク)をご覧ください)
ファスティング旅館 若杉屋(リンク)
  (瞑想・お遍路・写経)
南蔵院 写経教室
祖聖大寺 修行道場(写経他)(リンク)


おへんろの準備と参拝の情報・案内

おへんろの準備・作法
  スタイル/用具
  おしゃれへんろ衣装(販売終了)
  参拝用品取り扱い店
  参拝の作法/お経など/納経
  へんろのマナー
篠栗への道案内(時刻表リンク)
呑山観音直行バス時刻表(リンク)
オアシス篠栗巡回バス(リンク)
  運行時刻表 路線図
篠栗の天気(リンク)
おへんろさんへの宿案内
第一観光ロゴ  お遍路ツアー(リンク)
読売旅行  歩き遍路バスツアー(リンク)
へんろガイド(先達)さん申し込み
延命寺 第1月曜 歩きへんろ
祖聖大寺 第3土曜 女性部遍路の会
篠栗町観光協会主催ツアー(平成29年度)(リンク)
宇部市交通局9月のバス旅プラン (リンク)(新)


八十八カ所をもっと楽しむ

仏像・札所・へんろ参考資料
  八十八カ所の仏像(文化財)
  八十八カ所の本尊(現在88体)
  もう一つの本尊たち(現在59体)
  うるわしの仏像たち
  八十八カ所の書籍・ビデオ
  篠栗歴史遍路(第9回まで)
  篠栗小学校の札所絵集
  開経偈(PDF)
  般若心経(読経・PDF)
  ご真言(PDF)
  観音経(PDF)
  延命十句観音経(PDF)
  仏像のはなし
  説話「甘い蜜」(黒白二鼠)
篠栗・近隣の四季・人々・行事
  カメラを肩に
  今までの月写真集
  今までの「笑顔に会ったよ!」集
  今までの「行ってきました」集
  イラスト「きょんのささぐりへんろ」
  慈忍のはなし
  篠栗霊場に関する論文
  篠栗霊場に関する新聞記事
  篠栗霊場記念品集(桐生コレクション)
  昭和初期の篠栗霊場(リンク)
  篠栗霊場4月の行事(リンク)
篠栗の情報・関連リンク
  85番札所 祖聖大寺(住職のひとり言、坊守のブログが活発)
  呑山観音寺 公式サイト(行事の情報が詳しい)
   フェイスブックのブログ(行事の情報をさらに詳しく)
  十番札所 得度山 切幡寺(情報満載)
   フェイスブックのブログ(阿字観瞑想などの予定あり)(追加)
  二ノ滝寺フェイスブックのブログ(親切な案内あり)
  太祖山 金剛頂院(番外札所のお寺です)
  篠栗町ホームページ(フェイスブックリンクあり)
  篠栗町観光協会(お宿、食事処など詳しい)
   フェイスブックのブログ(篠栗の情報満載)
  篠栗霊場 法青会 フェイスブックのブログ
  篠栗四国八十八ヵ所霊場 納経帳
  篠栗四国八十八ヶ所霊場公式携帯ホームページ
   フェイスブックのブログ
  お寺めぐりの友(福岡のお寺について詳しい)
  切り抜き篠栗版(西日本新聞の篠栗版です)
  四国遍路情報サイト「四国遍路」(ニュースが積極的)(新)
  知多四国八十八ヶ所霊場公式ホームページ
  小豆島八十八ヶ所霊場公式ホームページ
  鏡山へんろトレッキング(ミニ八十八カ所では珍しい)
  David C Moreton`s website(カナダ人のおへんろ研究者)
   (Shikoku pilgrimage researcher)
  虎徹君の遍路旅(ワンちゃんとへんろ旅)


画像および記事の無断転載・加工を禁止します。 リンクは自由です。
If you have any questions, please feel free to E-mail.

ご感想・情報をお待ちしています
E-mail:広田哲男 Tetsuo Hirota
 (特定電子メールの送信は拒否いたします)
Facebook
イラスト:きょん
LINE スタンプ
協力:篠栗町観光協会
(資料提供)


更新履歴(過去1か月)+ひとこと・・・このホームページは2009年4月に立ち上げました。

2017.4.25 ●宇部交通局企画、9月のバス旅プラン、「秋の篠栗霊場めぐり」をリンク設定しました。春・秋と企画があるようですね。 宇部市近郊にお住まいの方には都合のよい企画だと思います。
●切幡寺のフェイスブックブログもリンク設定しました。阿字観瞑想の予定もここで確認できます。
●四国遍路情報サイト「四国遍路」のフェイスブックブログのリンクも設定しました。数ある霊場関連ブログの中で、群を抜いた 情報収集力を有しています。すばらしい。是非頻繁に閲覧してみてください。
●「篠栗たまやで何かが・・・」ブログのリンクを設定していましたが、1年以上更新されていませんので、外しました。また情報更新され始めたら 再度リンク設定しましょう。
●わが家では春を告げる「クンシラン」が咲きます。花も終わり、株が増え、鉢が窮屈になったので、 無理やり引っぱり出しました。おばけのような根です。株を一つづつに分けるのも大仕事 でした。今は庭に「カラー」が咲いていますが、またまた毛虫が食べまくっています。
●庭には、風呂や洗面台からの排水配管途中に点検口がありますが、これの掃除はたいへんです。何年間もそのままにしていました。 意を決してヘドロ掃除するため、専用のひしゃく?を作りました。快適です。(開けた時は気絶するほど汚れも臭いも ひどかった)ペットボトルに以前コーヒーメーカーのジャグが割れて取っ手だけ残してあったものを付けたものです。 みんなどんな道具で掃除してるんだろう?

2017.4.16 ○「行ってきました(117)」を掲載しました。戦時中、教団が「戦士したところが浄土だ」「お国に命を投げ出せ」「飛び来る弾も南無阿弥陀仏」などと 教え、大きな過ちを歩んだことを教訓とし、今念仏者は何をすべきか、なぜ憲法改悪を阻止し共謀罪に反対するのか、仏の教えを基に 歴史とさまざまな角度からの考察を交えて講演していただきました。「仏教の教えに沿っていかねばならない。お寺が防波堤にならなければならない」のことば がずしりと残りました。
ところで、この明圓寺の本堂にはピアノがあるし、ハモンドオルガンもあってびっくりしました。ご住職は混成合唱団コーロサンガの指揮者 もなさっていて、この日も最後はご自身でハモンドオルガンを演奏されて一同で恩徳賛を合唱しました。驚きのお寺でした。
○ついてないことは重なるものですね。この日は筑前大分駅から歩いてお寺に向かいました。雷は鳴るわ、大雨で、靴の中に水が入って びしょびしょ。お寺には裸足で上がりました。かっこ悪!30分前に着いたつもりが開演時刻を間違えていて、1時間待ちました。 帰りに駅で切符を買って自動改札を通るが、切符が出て来ない?!駅員は帰っていて無人駅になっているので仕方なく切符なしで電車に乗り、乗り換え駅で事情を話して 切符の再発行を依頼するも「切符が出て来ない事はありません。見えなかったのでは?」と言われるし、さんざんでした。
○「お遍路の鈴の音止めた桜の木」 四国中央 美酒乱々 2017年4月12日毎日新聞川柳より。
 「賽銭に外貨が混ざる国際化」 さいたま 高本光政  2017年4月14日  〃

2017.4.7 ○「行ってきました(116)」を掲載しました。東京では一般的な「坊主バー」ですが、小倉にもできてうれしいです。しかし、このこぐま舎は バーとは言えず、喫茶店ですね。もちろんですが、お酒も飲めます。カウンターもどきもちゃんとあります。とにかく気楽に入れるのがたいへんよろしい。 ふだんはなかなか僧侶の方とお話する機会はないと思いますが、ここではいつでもオッケイです。
ところで京都には牧師バーがあるそうですよ。流れる音楽が賛美歌とか! とても信じられない。
○小学校の道徳の教科書に「パン屋」さんを登場させたら検定にひっかかってこれを「和菓子屋」さんに変えたら検定を通過した との記事を読みました。「国や郷土を愛する態度」というチェックポイントに「パン屋」さんは不適切ということらしい。とんでもない ことだと思う。案の定、松尾貴史さんが毎日新聞に意見を掲載されていました。 パン屋さんは立派な日本の文化だと思う。西洋から入って来たパンにあんを入れて「西洋饅頭」と言ってアンパンを考えだした 日本の文化はすばらしいと思う。アンパンマンだって日本の文化だ。残念なのは「寄らば大樹の陰」とか「長い物には巻かれろ」という 風見鶏のような風潮がこういったところにも感じられるのがたまらない。そんな風が吹き荒れているように思う。教科書会社もきちっと反論してほしい。

2017.4.1 ○「行ってきました(115)」を掲載しました。以前から是非参拝したかった霊場です。88の札所に加え33の観音霊場、さらに奥の院 が加わり140を越える札所でした。車で回っても5日間かかります。このように春・秋と参拝団が結成し続けられるのは、先達となる 方やお世話をして下さる方々が情熱を持っておられるからだと思います。今回参加させてもらった最終日にはマイクロバスを使った こともあったからと思いますが、みなさん明るくお互いを思いやられる雰囲気がすばらしかったです。 袈裟と数珠を外しての帰りのバスの中では気持ちが晴れ晴れしたからでしょうか、みんなで「ここに幸あり」を合唱しました。 参拝の途中で「同行二人そしてもう一人、おてんとうさまがいらっしゃる」とのお話をうかがい、歌詞の「あおい空」のありがたさを感じたことでした。
ところでこのマイクロバス、篠栗からのものでした!びっくり。

2017.3.31 ○タイトルの写真を更新しました。45番、城戸ノ滝不動尊堂から58番、大久保観音堂に至るへんろ道で見かけた石仏です。どこかで見かけたことのある 人のようなお顔立ちですね。
○今月の写真も更新しました。桜を写そうとあちこち歩きましたが、まだ全然開花していません。20番、中河内地蔵堂で太陽を逆光にかえでの葉が きらきらとても美しかったので撮影しました。桜ではありません。
○「行ってきました(114)」を掲載しました。今日から開催されている個展の紹介です。仏画と言えば正確に仏像を描くのが一般的 ですが、本村さんの絵は全くちがいます。まるで生きた人間です。生き生きとしています。語りかけてくれるような絵、本当に新しい出会いです。

2017.3.30 ○「笑顔に会ったよ!(80)」を掲載しました。男性4人というまことに珍しいグループでした。絶妙のグループ名ですね。みんなニコニコ顔でしたよ。
○何という花でしょう。81番札所や34番札所、85番札所にもたくさん咲いていました。
○13番札所入口にお花畑出現、チューリップが満開でした。感じが良くってきれい。

2017.3.22 ○「行ってきました(113)」を掲載しました。以前からこの六ッ嶽四国にはいつか行ってみようと思っていました。 行程表によると奥の院や番外札所がたくさんあり、全部で149の札所を回るようです。車で5日間かかるとのこと、すごいですね。
○篠栗霊場法青会発行「篠栗のほとけさま」第2版がこの2月に発行されました。 それぞれの仏様について詳しく説明されています。残念ながら少し教科書的内容で、篠栗霊場にあるご本尊実物についての説明が 欲しかったです。観光案内書で購入できます。300円だったと思います。
○北九州にある山田緑地でクリスマスローズと雪割草の展示会があり、行ってきました。きれいなクリスマスローズ 初めて見る雪割草のいろいろ(白っぽいもの赤っぽいもの)。雪解けの中から花を咲かせる姿を想像しました。 見てみたいものです。
お寺の住職塾というのがあるそうです。お寺も時代とともにかわっていくのですね。
○用があり、広島に行ってきました。少し時間があったので近くにあった広島城を見てきました。まわりが板張りなのですね。 こんなお城は初めて見ました。
○私は筑豊に住んでいます。今日、外を歩くと菜の花が咲いた畑に春がすみのボタ山が見え、後藤寺線の1両のジーゼルカーが走っていました。 春ですね。田舎ですね。
○「野の地蔵ドングリ供えたのはだ~れ?」」 大分 春野小川 2017年3月18日毎日新聞川柳より。